**** 介護福祉士・ヘルパーの事・・・ ****

介護福祉士として働くときのやりがいとは?


この時代に益々欠かせない職業として、需要の高さが際立っているのが介護福祉士です。
なり手がそこまで多くないため、なんとか数を増やそうとしている面もありますが、彼らの仕事のやりがい部分を強調していけると、なり手が少しでも増える、興味を持つ人が増える可能性があると思います。
実際に介護福祉士の仕事におけるやりがいというのは、どういう部分が該当するでしょうか?挙げればキリがないと思いますが、1番はやはり直接「ありがとう」を言ってもらえる瞬間になるのではないでしょうか?
サービス業はいくらでもあるものの、その中でも介護福祉士の仕事にはそれが当てはまります。
逆にそれ以外のサービス業は、それが当てはまらないものも多いです。
例えば、お店の店員もサービス業の部分がありますが、普通に仕事をこなしているだけでは「ありがとう」と言ってもらえるケースは少ないと思います。
しかし、介護福祉士はこちらが親身になって対応をしていけば、それを相手も理解してくれるのです。
頑張って力になろうとしている姿勢を分かってくれるはずですから、それによってお礼をしてくれる機会がとても多いと思います。
相手が喜んでくれている姿が、こうして言葉を通じて伝われば誰でも嬉しいと思いますから、相手だけじゃなくて自分も喜びを感じられる1番の瞬間になるのではないでしょうか?
働いていて嬉しさを感じる瞬間が多い仕事というのは、それだけ楽しさも増えますし、やりがいも大きく感じられるはずです。


Categorized as: 未分類

Comments are disabled on this post


Comments are closed.