**** 介護福祉士・ヘルパーの事・・・ ****

介護福祉士はいつでも転職できる強みがある


介護福祉士と言う仕事をしていて、辞めたいと思った時、私はいつも思い留まる言葉を持っています。
そのいくつかの言葉について、まとめてみました。

・人は誰も一緒
介護をする時に、この人はこんな仕事をしていたのだと思うことがあります。
そんな時、年を取ると、どの人もだいたい同じような人と成るのだと思っています。
接していると、この人はこんな仕事をしていたなんて、想像することができないと思うことがたくさんあるからです。
そのため、仕事をしていて、人の将来について思うことができるのです。
人生とはだいたい同じような内容であると、思って安心をすることができるんです。

・仕事で学ぶことが多い
仕事を通じて、嫌なことがあったとしても、それは勉強をしていると思うようにしています。
そのように思うのは、介護というのは、私も今後受ける立場になるからです。
その時、私にとっていましていることは、役にたたせることができるのです。
自分でどのような経過をたどるのか知ることができるし、どのようにすれば認知力を回復させることができるのか知っているのです。
こんなに仕事を通じて、今後の老後の役立つことを教えてもらえる職場はないと、心から感謝をすることができています。

・求人が多いから安心
もしもその職場がいやと思ったとしたら、次ぎの職場を簡単に捜すことができます。
その安心感が、その職場で辛いことがあったとしても、我慢をすることができたりするのです。
求職が多くあると思うと、ほかのところにいつでも介護福祉士転職をすることができるという強みは、本当に素晴らしいと思っています。


Categorized as: 未分類

Comments are disabled on this post


Comments are closed.